「放課後等デイサービス」とは?

障がいのある就学児童が、学校終了後の放課後や長期休暇中に通う施設。
学校外で居場所をつくり、さまざまな体験の機会をつくり障がいのある児童とその家庭を支えるために創設された施設。
障がいのある子どもの療育の場であるとともに家庭に変わって一時的なケアを行うことで家族に休息を撮ってもらう役割(レスパイトケア)も担っています。

「るぴなすスクール駒場」の特徴

それぞれのお子様の特性に合わせたプログラムを「遊び」として取り組み、子どもの無限の可能性を育んでいきます。
 「遊び」「生活」「学習」「交流」などをとおして、お子様の「こころ」や「からだ」の成長をご家族と一緒に見守り、学校・他機関との連携も含めてお子様の成長をサポートしていきます。
ご家族の悩みや不安に対する相談もいたします。
地域の方々との「交流」や自然と触れ合う「交流」友達と触れ合う「交流」を、遊びのプログラムとして取り入れ社会性や生活力を育みます。
一人ひとりに合った学習を楽しく遊びのように取り入れ、将来に向かうための「個の力」を育みます。

「るぴなすスクール駒場」での1日

るぴなすスクール駒場での1日の過ごし方をご紹介いたします。※下記は例です。

送迎サービスについて

「学校」~「るぴなすスクール駒場」~「ご自宅」の間を車で送迎します。
《送迎範囲》
    「浜松市南区」「磐田市全域」「袋井市高尾地区」他
    ※ 一部の地域は送迎ができない場合があります
《送迎のための確認事項》
    ・お子様がひとりで車に乗っても問題がないこと
   ・送迎時間に保護者様がご在宅で、お子様の受け渡しが確実にできること
   ・交通渋滞等による送迎時間の多少の変更に対して問題が生じないこと

サービス対象者とサービス提供時間

サービス対象者

障がいのある就学児童が対象となります。
当日お迎えの際に当日体調不良が伺える場合には、お預かりをご遠慮させていただくことがございます。

サービス提供時間

平日:午後2時 ~ 午後5時30 分(月曜日~金曜日の祝日を除く)
祝日:午前9時 ~ 午後3時30 分(学校休業日など)

ご利用定員人数とご利用料金

ご利用定員数

1日10名

ご利用料金

利用料は法律で定められていて、利用者はその1割を負担していただくことになります。
利用者負担額の上限額が定められているため、それを超える負担を頂くことはありません。
上限額は世帯所得によって法律で定められており、「世帯所得が890万円までの方は月額上限額¥4,600」「世帯所得が890万円以上の方は月額上限額¥37,200」のご負担になります。(受給者証に記載された利用者負担上限額以上のご負担は発生しません)
※ 各プログラムの内容により実費のご負担をお願いする場合は事前にご連絡させていただきます。
利用料金に関して、詳しくは各役所へお問い合わせしてください。

ご利用までの流れ

「放課後等デイサービスを利用するには、各役所内の福祉課にて『受給者証』の取得が必要になります。

「るぴなすスクール」よくあるご質問

  • Q: るぴなすスクールとはどんなところですか? A:地域の方々やまわりの自然との触れ合いを通して、「思いやりの心」を育て、やさしい先生や友だちとの関わりから、社会 性を培い、一人ひとりの個性を伸ばし、魅力を引き出す、そんな場所です。
  • Q: 利用料金以外に必要なものはありますか? A:おやつ代(100円/日) 遠足、誕生会など、活動の一部で別途料金が必要なりますが、詳しくは直接ご説明させていただき ますのでご相談ください。
  • Q:子どもたちはどのように過ごすのですか? A:「るぴなすスクール駒場」では一日の流れ(スケジュール)はありますが、基本的にはお子さま一人ひとりの個性や発達に 合わせて過ごせるような環境を用意、提供しています。
  • Q:算数や国語など、学校の勉強は教えてもらえますか? A:学校の宿題に関しましては、指導員が丁寧にサポートしていきます。

「るぴなすスクール駒場」お問い合わせ・交通アクセス

ページトップ